私が彼らを見守る理由

 

 

 

離れていった彼らでも、

「見たい」と思った現場には行こうと思うし、

それを「欲しい」と思えば買う。

 

 

 

 

マウントを取っているわけではない。

 

 

 

 

多方面にいい顔を見せたいんじゃない。

 

 

 


離れた者には離れる理由がちゃんとあり、

その理由を私はちゃんと知りたかった。

 

 

 

 

突然報告され、勝手にいなくなる。

 

 

 

 

報告も何もないまま終了し、

次の現場で察することなんてもっと酷かった。

 

 

 

1年前の秋のことだけじゃない。

 

 

2年前の年明けだって。夏だって。秋だって。

3年前の夏だって。

 

 

 

きちんと送り出した時なんてなかった。

 

 

 

 

だからちゃんと確かめて自分の中で納得したかった。

 

 

 

 

ただただ綺麗事並べてるだけみたいだけど、

 

彼らはここを離れて何がやりたいのか。

 

どこでどうやって新しい仲間と出会うのか。

 

そこでどのような日々を過ごしていくのか。

 

 

 

離れず残された者たちの記憶に

彼らとの思い出が残っている限り、

私は離れた彼らのことを

成功するまでちゃんと見ていたいと思った。

 

 

 

だから私は彼らを見守りたい。

 

 

 

2019.12.31